東野圭吾『悪意』

非常に人気のある作家ですが、自分はこれまであの『秘密』(広末涼子主演で映画化、未見)しか読んだことがなく、今回でようやく2冊目となります。『秘密』読了からはもう何年も経っているため、印象が純化されて、あの特殊なシチュエーションの中でのモワンとしたグレーな淫靡さと、オチの「そう来たか!」感しか記憶にありません。で、今回久々に東野作品を読んで、このオチの感触にデジャ・ヴが。
2作しか読んでいない自分が、さらに福山某主演で大ブレイクしたあの作品も全く観たことがない自分が簡単に結論付けるのはどうかと思いますが、この作者は仕掛け作りは非常に巧いです。が、抒情性という点ではイマイチですね。一言一句に色気だの殺気だのが伴わないというか、例えば本作の解説を引き受けている桐野夏生女史の作品なんかと到底比べることができません。レベルとしては赤川次郎と同等ですね(良いとも悪いとも言っていません)。

なんだか貶しているだけのようですが、十分にハラハラしましたし、夢中で読みました。それはやはり、作品全体を以って読者に対し壮大な罠を仕掛けようという心意気を感じたからです。そういう意図を持った作品というのは少なからずあると思います、本に限らず映画にしてもそうですし、またなぜか勝手にシンパシーを感じてしまったのは『ポートピア連続殺人事件』だったりします(オチの内容は全く違いますが)。
本作の仕掛けというのは、「そいつが犯人か!」といった単純なものではなく、「そこなんだ!」というポイントになります。そしてそれが「その心情を説明しろと言われれば難しいけど、なぜか理解/共感できる」というところを突いているのが絶妙なのです。

本作を成立させている大前提が、桐野女史が的確に指摘している、我々の「記録」というものに対する盲目的な過信であり、それが先ず技巧上の裏付けとなっています。これはあくまでギミックとも言えるわけですが、それに加えて被害者と加害者との関係、特に加害者が被害者に対して抱いていた得も言われぬ感情、この不可解さ・不条理さが、本作の魅力なのだと思います。惜しむらくは、描写や進行などの単調さによる緊迫感の不足ですね。記録というスタイルを採っているのである程度仕方ないかとも思うんですが、それにしてもダイナミズムを抑え過ぎかと。

This entry was posted in Books. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>