『スプライス』

ヴィンチェンゾ・ナタリという監督をご存じでしょうか。その名前に聞き覚えがなくても、『CUBE』と聞いて「あぁ、あれか!」とピンと来る人はいるでしょう。それほど衝撃的な体験でしたし、冒頭のシーンは以降様々な作品でネタとして(ある意味「切り株系」のニューウェーブの出発点?)、そしてなによりあの作品から、「シチュエーションスリラー」なるジャンルが確立されたのではないかと、個人的には思っています。以降、滅多に劇場に行くことのない自分も、彼の作品だけはなるべくスクリーンで観るように努めてきました。しかし、本作に関しては存在を知るのが遅過ぎて、間に合わなかったのです。というか、比較的寡作の部類に入る彼ですが、デビューが衝撃的過ぎて、作品出す度にどんどん知名度が落ちて行ってるような気がするんですが…。

とある製薬会社のバックアップを受けながら、新薬の基となる素材の研究を進めるカップル。研究方針で会社との齟齬が判った時、彼らは秘密裏に「新種」の生産を進めようとする…。プロットとしては「ありそう」な感じなのですが、エイドリアン・ブロディ扮する彼氏と、サラ・ポーリー扮する彼女との、新種に対するスタンスが最後まで本作の肝となります。あくまで普通に自分達の子供を望む彼と、トラウマもあり後付けで新種を母性の対象としようとする彼女。そして新種は驚くべき知性と「魅力」を以って、彼らの運命を狂わせていきます。

先ずは純粋に、クリーチャーものとしての映像のクオリティ(特に幼体時)については、さすがナタリ作品、手堅いなとの印象。逆に育ってきちゃうと、これ明らかに「中の人」が演じてるよねぇと判ってしまうので、やや興醒めします。しかし、そのフェーズならではの展開は、観てるこっちとしては必至と感じるのに、ストーリーの中の彼の方が「まさかそうなろうとは」と驚いているだろうと思うと、醒めた心持ちになってしまいます(映画というのは、人の様を安全な場所から堪能する娯楽なんだなぁなどと)。シニカルなのは、子供に対する前述の各スタンスが、予想もしない形で彼らにしっぺ返しを喰らわせるようになっている点です。前半のショッキングなイベントが、オチに繋がる重大なプロットになっているんですが、展開自体は最初の終局がフェイクだと解った時におよそ読めます(まぁ、名作と言われるホラーにはよくある作りかと)。しかし、それが読めていたとしても、実際に画面を通して体感するとなるとえれぇ怖いですよ! トラウマになりそうな最終フェーズ。

なお、最後のオチについては、パッと見は彼女が新種に対して振りかざしてきた歪んだ母性の代償と映るわけですが、個人的には彼女にとってあのオチは実は観る者が思うほどに絶望的なものではないように感じるのです。むしろ、大事な者を失っても余りあるものを得られたという、科学者としての究極のカタルシスを見てしまい、ゾッとしたのは自分だけでしょうか。「失うものはなにもない」という台詞が劇中何度か、そして最後に出てきますが、「いろいろ失ったけど、一番欲しかったモノが得られたわ」という不敵な印象を抱いてしまうのでした。

This entry was posted in Movies. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>